音楽と、ラーメンと、戯言と、
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むてっぽう@2回目 (池袋)


■今日笑ったコピペ

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、
前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に、
女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、
みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。


「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」


生徒は一瞬凍りついた。教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
でも、たぶん「シンポ」と言ってるんだろうけど、どう聞いても「ちんぽ」だったし
それまで片言だったのに、なぜよりによって、
「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか
「なぜか「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
突然般若のような顔になりその爆笑をかき消すかのような大声で、
「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。新保さんの肩に手を置くと、


「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」


「まずお前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのをやめてください」
と、全員が思っていたと思う。その後、慰めようとしたのだろう。
先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。


「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」



新保さんも笑った。





どうも、リベロです。

元ネタはこちらから。

あとは泣くを抜くに変えるスレが、本日の腹筋崩壊要員でした。



さて、酷い下ネタ前フリはこれくらいにして、ラーメン行きましょう。

今回のお店はこちら↓


むてっぽう@2回目 (池袋)

むてっぽう1 むてっぽう3

「ファイヤーチャーシューメン+麦めし」


会社の同僚と以前来た時に個人的にヒットしたので、
ずっと前から再訪の機会を伺っておりました。

生憎とこの日は雪がちらつく天気でした。
寒い中徒歩でお店に向かい、やがて店前に到着。
テレクラの隣という相変わらずの凄い立地に圧倒されつつ、店内に入るとちょうど満席。
前回の課題だったラーメン+麦めしの食券を購入し、しばらく待ちます。


むてっぽう2

ちなみに画像の通り、ピリ辛 → ファイヤー → ボンバーで、
3段階の辛さが選べます。前回はピリ辛だったので今回は中辛のファイヤーで。
予め食券を受け取ってくれたので、席に着いた後は程なくして御対面。

麺は中太でややウェーブ掛かったもの。加水率高めでのど越しが良いタイプ。
スープとの絡みもなかなかで、食感もモチモチです。
つけ麺の麺と比べると若干細いかな?
麺固めでオーダーしたんですが、芯を少し残してて丁度良い茹で上がりでした。

「揚げだし醤油」を使用した茶色がかった大豆スープは、相変わらず温度が高い!
恐らくは表面に浮いている大豆の油の層が、スープの温度を保っているのかと。
つけ麺のスープほどではないですが、油断すると舌を火傷するくらいの熱さです。

正直何の素材を使ってるか検討もつかない味わいなんですが、
鰹節の魚介風味は感じました。大豆+魚介メイン?動物系もあるかなぁ。
とにかくその素材の旨みが凝縮された深いコクと甘み、醤油の塩辛さのエッジが、
独特な風味を醸し出していますね。いい意味でB級グルメ的でジャンキーな味。
でもこれが美味いんですよ。人を虜にする中毒性があるというか。
好みは分かれますが、インパクトとパンチ力は池袋でもTOPクラスだと思います。

具材はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ、油揚げ、挽肉等。
チャーシューはスープに浸しておくと、柔らかくなって良い感じ。
ただ味的にはインパクトが薄め。単純にスープが目立ち過ぎなだけかもですがw
ネギの清涼感はこのラーメンには実に合いますね。箸休めとしてはベスト。
スープの底に沈んでいる挽肉も、なかなかポイント高いです。

卓上のにんにくを入れるとさらに旨みが増すのでオススメ。
今回は中辛のファイヤーを注文しましたが、
辛いラーメンとにんにくってのはやっぱり相性が良いですね。
ただ辛さのレギュレーション的に、私はボンバーは無理だと思いました。
ファイヤーがギリギリ美味しく食べられるレベルの辛さでしたね。

一通り食べ終わったら、お待ちかねのおじやタイム。
wktkしながら麦めしをスープにドボンと入れて、
特製の穴あきレンゲで掬って食べるとやべぇぇぇぇ超うめぇぇぇぇぇぇぇ。

何で穴あきレンゲなんか用意してあるのかなぁと最初思ったんですが、
なるほど。普通のレンゲでスープと一緒に食べると、さすがに塩辛さがキツい。
よく考えられてるなぁと思いました。

でも美味かったんでテンションに任せてスープまで完飲。
店を出る頃には全身汗だくにw

満足して帰途に着く2人でした。
ではでは、今日はこの辺で~



むてっぽう(池袋)評価:★★★★☆(4/5)


人によって完全に好みが分かれるので注意。客観的に見たら3点かなぁ

この記事へのコメント
65. FILE   URL  2009/03/07 19:29 [ 編集 ]
リベロさん、TBどうもです~♪

こちらは開店当初行ったきりです…f(^^;)
熱々スープでオイリーだった記憶があります。

確かにご飯に合いそうですね~(^^)v
66. izumi   URL  2009/03/09 14:01 [ 編集 ]
前フリの下ネタが強すぎてラーメンが美味しそうに見えないっすwwwwwwwww
67. リベロ   URL  2009/03/10 18:58 [ 編集 ]
>FILEさん
こちらこそTB返しどもっす!
確かにオイリーでしたwwでも美味しいんですよね。
単純にジャンクな味が好みってだけなんですが。

>izumi君
それはさすがにラーメンブログとしてはまずいww
でも自重しないで行く!それがジャスティス!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://rybero.blog59.fc2.com/tb.php/95-88961582
[05年471杯目] 池袋西口東武百貨店わきの路地にある、昨日オープンの新店『むてっぽう』訪問。富山市内にあるらーめん屋さんの出店らしい。先客0、後客0。入口すぐの券売機で醤油ラーメン(¥600)の食券を買い入店。開店したばかりだから当然ですが清潔感があります。...
プロフィール

リベロ

リベロ
3月7日生まれ、O型、♂
福島県出身、埼玉県在住
ラーメン狂で音楽厨でウーロンハイフリーク

本家サイト:GTFO
同人音楽:GTRO
バンド:
埼玉発のR&R R2O
エモーショナルプログレロック Re-NacL
Sound Horizonコピー&アレンジ 黒の教団
東方ロックアレンジ マスカルポーネ

mixitwitterやってます。
気軽にマイミク&フォローリムーブどうぞ!

リベロのツイート

Flashカレンダー

メールフォーム

メールフォームが動作しない場合はこちら

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。